カーペットの掃除方法!

商業施設以外では、なかなか見る機会がなくなって来てしまったように思えるカーペットですが、このカーペットにはとても部屋を快適にしてくれる機能が満載です。
カーペット ラグ 通販 日本で言う「畳」と同じですね。ちなみに、ラグとカーペットの違いは、ラグとはサイズがほぼ決まっており床面積の一部に敷くタイプのことを指し、カーペットとは、部屋の床面積全体に敷くことをいいます。素材は同じのため、カーペットは自由にカット出来ますので、1M角の物を作ればそれは「ラグ」になってしまいます。

■カーペットの掃除方法
カーペット6畳 の洗い方で悩むことってありませんか?マメに掃除機をかけていても、生地が厚手だったり毛足が長いものだったりすると、ホコリやダニが取りきれないことがあります。
すると部屋の空気の中にもホコリやダニが増えてしまい、目のかゆみや鼻水などのアレルギー症状を起こすことがあります。お茶の間に敷いてある大きなものだと自分では洗えませんので、ハウスクリーニングを行っているお店に頼まなければなりませんが、玄関やキッチンに敷いてあるカーペットなら何とか洗濯機で洗うことができます。ではこうしたカーペットはどうやって洗ったらいいのでしょうか。

■カーペットの洗濯
絨毯 じゅうたん 8畳 カーペットの洗い方も普通の洋服と同じように、タグに洗い方が表示されています。洗濯機マークや手洗いマークが付いているものなら、自宅で洗うことができます。
洗濯機マークの中に弱などと書かれている場合には、弱い水流で洗ってください、という意味なので洗濯コースの優しく洗うコースなどを選んでください。水洗い不可マーク・ドライマークが付いている場合には自宅で洗うことができませんので、クリーニング店に依頼しましょう。
カーペットの洗い方の準備としては、カーペットをベランダの手すりなどにかけて、良く叩いてホコリやゴミなどを落としてしまいましょう。
それからシミになってしまった部分などに部分洗い洗剤などを軽くつけておきます。
洗濯機に入れるときは、内部の丸みに沿うようにして入れるときじに負担をかけずに洗えます。漂白剤を使えるようであれば一緒に使いましょう。 カーペットのサイズに合わせて洗濯機のコース選択をするようにしてください。また、柔軟材を使うとカーペットを踏んだときの足触りが良くなります。

■カーペットの干し方
カーペット 8畳 洗濯機から出したら、シワを残さないよう手でよく延ばしてください。乾燥させるときには、普通に物干し竿にかけるよりも、物干し竿2本にまたがるようにかけたほうが早く乾きます。早く乾くとそれだけ雑菌の繁殖を抑えることができるので、臭いやカビなどを防ぐことができます。
洗濯機には入らないけど、それほど大きいカーペットで無いなら浴室で洗うこともできます。使うのは洗濯用洗剤とたわし。浴室でのカーペットの洗い方は洗濯用洗剤を水に溶かし、カーペットに浸します。たわしで表面を擦って汚れを落とします。すすぐときは特に念入りにしましょう。
洗剤がカーペットの繊維の中に残りやすく、そのままだと雑菌が繁殖する原因になります。絨毯 6畳 の洗い方を工夫すれば、大抵のものなら家庭で洗うことができます。是非試してみてください。


copyright c 2012?All Rights Reseved.