SEO対策するうえで重要なキーワード

キーワードは適している?
みなさんの商品やサービスについてどのようにキーワードを探していったらよいか、大枠のところでご理解いただいたと思います。
しかし、ここに大きな落とし穴があることを忘れてはいけません。お気づきの方も多いとは思いますが、2つ以上の単語を組み合わせて作ったキーワード(本レポートでは“複合キーワード”と呼ぶようにします)は当然のことながら、検索される回数は圧倒的に少なくなります。しかしながら、顧客の購買動機に対して絞り込んであるキーワードとなっているために、目的に合った顧客の目には非常に触れやすくなるという特徴を持っています。
SEO対策ソフト 通販 ただし、そのキーワードが本当に(数は少なくても)実際にはどれくらい検索されているのか?ということが問題になるわけです。いかに顧客の購買動機に合っていると思われるキーワードでも、逆にそうしたキーワードを顧客が使わないのであれば本末転倒です。
あなたが考え出したキーワードが本当に使われているかどうか、そして、そのキーワードにライバルがどれくらいいるかどうか。それを確認することが大切です。
各キーワードについて、月間どれくらいの数が検索されるかをチェックするツールは、過去は無料のものがいくつかありましたが、現在は、Googleのキーワードツールのみになります。このツールの場合、Googleでの検索数のみが反映されるため、Googleユーザーのキーワードの人気度や検索結果ページの傾向になるために、ネットユーザー全体のものとなると正直なところ正確性に欠けるという欠点があります。SEO対策無料レポートご存知かもしれませんが、日本のネットユーザーの場合6割がYahoo!Japan、3割がGoogle、1割がその他の検索エンジンというものが大まかな傾向です。
また、一般ユーズはYahoo!Japan、ビジネスユーズはGoogleという傾向がありますので、B to B 向けの商品やサービスにはGoogleのツールはかなり有効かもしれません。無料簡易版や有料版のものでYahoo!Japanの検索数を調べられるものは、いくつかのSEO会社がツールを公開しています。『キーワード月間検索結果』、『キーワード検索ツール』などで検索してみますと発見できると思います。
実は、このツールであなたが本当に知っておくべき重要なことがあります。それは、検索されたキーワードに対して、どれだけ他の競合サイトが存在するのかということです。アクセスアップ ソフト
Yahoo!リスティング広告やGoogle AdWordsという「キーワード広告」が、ご自身でお考えなったキーワードで数多く存在すればそれだけ競合が多いということになりますね。広告を出しているサイトは、当然SEOを施している可能性も高いので、そのキーワードで顧客を獲得するためには大変な激戦になるということです。
逆に、検索されている数が多いにも関わらず、広告が少ないキーワードは、まだ競合が少ない(または存在しない)という可能性がありますので、あなただけの“お宝キーワード”となる可能性があります。
キーワード検索ツールとは、そうした使い方をしながら、あなたの商品やサービスの最適キーワードを見つけていくものとして捉えて下さい。

ホームページ制作 東京 大阪

“アクセス解析”をご存知でしょうか。あなたのサイトのトップページやその他のコンテンツのページが、いつ、どんなキーワードで、どのくらいの人が、どのくらいの滞在時間、どの検索エンジンから閲覧されているのか、などの統計をとるためのツールです。
有料、無料とアクセス解析ソフトは出回っていますので、基本的にどちらの物を利用されるかはお好みですが、無料版で人気が高いのは、Googleが提供している Google Analyticsです。
Googleのアカウントを取得し、Google Analyticsで各設定を行うと“トラッキングコード”が発行されます。そのトラッキングコードを、解析したいサイトのすべてのページの指定位置に埋め込むだけで(ほかにも設定方法があります)すぐに稼働します。江東区 ホームページ制作
(アクセス解析の結果は、アクセスがあって初めて反映されますので多少の時間が必要です。)

アクセス解析を使用することで、下記のようなデータを取ることが出来ます。
■ユーザーがどの検索エンジンから訪問したのか、ユーザーはどの検索エンジンを利用している人が多いのか
■どのようなキーワードでサイトを見つけてアクセスしたのか、実際に目標のキーワードでアクセスしているのかどうか
■ユーザーが、どのページを入り口にして訪問したのか、入り口となるページからどのような経路を辿って問い合せに結び付いたのか、問い合せに至らなければどのページに問題があるのか
■サイト内をどのくらいの時間滞在したのか東京 ホームページ制作
■どのページから出て行ったのか
■検索エンジン以外に、どのようなサイトやブログ等からリンク(紹介)されているか
(サイトの告知先が分かれば、どのメディアのプロモーションが有効かの判断材料になります)

被リンクどの検索エンジンからのアクセスがあったかを知ることによって、あなたのサイトはどの検索エンジンへのSEOを強化したらよいかということが分かります。どんなキーワードで訪問されているかを知ることは、本当にSEO対策をしなければいけないキーワードが見えてきます。
本来上位ランクを目標と考えていたキーワードであれば、そこからのアクセスが多いのは当然となるはずです。
しかし、そのキーワードでのコンバージョンはどうでしょうか。コンバージョンとは、アクセス数に対してどれだけのユーザーが最終目的(例えば、商品購入や会員登録等)に結び付いたかということです。
つまり、アクセスが多くても、閲覧に入った瞬間にどこかに離れてしまうようなキーワードであれば、それはユーザーの目的が異なる場合が多いと考えられます。
逆に、アクセス数に対してユーザーが最終目的にたどり着いた割合が高ければ高い程、そのページはユーザーの目的とマッチしているということになるわけです。そういったキーワードこそが、本当にあなたのサイトで大切なキーワードということになるわけです。SEO対策ソフト
もし、あなたが上位ランクを目標としていたキーワード以外のものに、そのような解析がみられたとすれば、検索結果は当然のことながら上位には反映されていないでしょう。上位ではないのにも関わらず、あなたのサイトにアクセスをしているわけですから、こうしたキーワードこそしっかりとSEO対策を行い、上位ランクに入るようにするべきなのです。

私の今の夢。それは、色んなホームページ制作をするということです。どんなホームページでも良いんですよ。
作りたいって思うホームページがあったら、どんどん制作していこうかと思っているんです。
もうすでにいくつか、ホームページ制作をしてるんですよ。 けっこう満足いくものに出来ましたよ。ただ、まだ変えることができる部分は多いんじゃないかって、考えて、直せるところは直したりしてます。 やっぱり、ホームページって、誰かに見られるものなので、手を抜きたくはないですからね。 最初は、だいたいでホームページ制作をしていっても、最終的には他の同じようなサイトに負けない作りにしたいって、目標を持って制作してます。
ただ、無料のところを使っていると、限度があるので、近いうちに良さそうなホームページ制作ソフトとか、ツールなんかを購入して、もっとより良いホームページつくりをしていけるようにしたいって、思ってます。




copyright © 2012 All Rights Reseved.