医療関係者も認めるオススメ化粧品

家に帰るとまずはメイク落としです。毎日必ず行います。見たいテレビ番組があっても、急いでいてもまずはメイクを落とします。
クレンジングにはオイル系や拭き取り系を使わないのが私の鉄則です。オイル系は肌に必要な油分も奪ってしまうし、拭き取り系は摩擦を起こしてしまうので、クリームやジェル、ミルクを使うことを心がけています。 口元や目元、鼻のキワ等は強く擦ってしまいがちではありませんか?摩擦が肌の負担にならないよう、優しくマッサージするように落としましょう。特に皮膚の薄い目元は、刺激を受けやすいですからね。
よく流したあとは洗顔です。しっかり泡立て、クリーミーな泡を作ります。こちらも摩擦を起こさないように洗います。お湯ではなく、お水ですすぐことがオススメです。
次は化粧水です。近年ではオールインワンタイプのクリームやジェルがたくさん出ていますが、お手入れが簡単にできますね。化粧水をたっぷりつけて、パックにするのも良いですよね。 私は肌を一瞬たりとも直接外気に触れさせたくないんです。乾燥肌ももちろんですが、それを悪化させたくないので常にスチーマーもつけています。
近年は以前よりもあまり乳液が使われませんが、化粧水後はクリームや乳液でフタをしなくてはいけません。水をつけた後の肌にフタをしてあげることで、効果を更に発揮してくれます。
これらが基本ケアです。遅い帰宅の日でもこのケアは最低限しないといけませんね。この後、美容液やデイ・ナイトクリームのケアを行っていきます。 スペシャルケアは本当に色々ですよね。各ポイントの専用ケア化粧品が数多くあります。(選ぶのも大変・・!)
なかでもアイクリームは結構値段のするものです。月に一度、顔全体に使うという贅沢なケアもしたいところです。
忙しい日でもケアは忘れてはいけません。いまこの瞬間の基礎ケアが明日の肌を作ると考えてほしいですね。日々継続がポイントです。 美肌を目指して私も日々ケアをやっています。月に一度は化粧品ブランドの美容部員さんにアドバイスをもらったりして新商品を品定めしたりします。
高価な化粧品はたくさんあります。ですが、高くても安くても基本のケアは同じことをします。ご自分の肌に合う化粧品を見つけることが大切ですね。





copyright © 2012 All Rights Reseved.